おでかけ・グルメ2017.05.16

播州手延らーめんを食べてみた!


こんにちは!つなハピ編集部記者、のりピーです(>_<)!!

実は今回が初投稿です(*´罒`*)ニヒヒ♡

今回はつな君も激押しのイトメン「播州手延らーめん 冷やし中華」をレビューします。

 

 「播州手延らーめん」

イトメンさんの商品説明には「麺は手延そうめんと同様、早朝より幾度もの熟成を繰り返しながら2本のクダ竹にかけ、徐々に細く、のばしながら麺に仕上げたものです。手延べ麺独特のつるつる感が特徴です。あっさりした中華スープを添付しております。」とあります!中には2人前の麺とスープが入っています。

てまひまかけてつくられた麺はどんな味なんでしょう?期待に胸が膨らみますね。ワクワク((´I `*))♪

 

では、早速調理!

①1人前の麺を約800mlの沸騰したお湯で3分間ゆでます

②ザルにあげ、冷水にさらします

③中華スープをかけ、お好みで具をトッピングしたら完成

とにかくカ・ン・タ・ン

冷やし中華の写真

私はこんな感じで卵・ハム・きゅうり・ミニトマト・紅ショウガをのせてみました。

細めの麺がツルツルしていて、コシがあって甘めの中華スープがよく絡んでとっても美味しかったです。

調理も簡単で、これからの暑い季節にオススメ

食べてみたいって思った、そこのあなた!

実は当サイトのオフィシャルサポーターであるドコモショップのキャンペーンでもらえるので、そちらもチェックしてくださいね♪

 

 

この記事のタグ

タグ 関連記事