おでかけ・グルメ2017.05.15

イトメン播州手延らーめんは、超レア商品だった!


 

つなくん(つなハピ記者)

やまちゃん、こんにちわ!今回は”季節限定”の「播州手延らーめん」について教えて欲しいんだけど!?


 

つなくん、こんちわ。「播州手延らーめん」だね。


播州手延らーめんは、”手延”とつくとおり、本当にてまひまかけてつくる商品だから絶対一度は食べて欲しいね。

山下さん(イトメン研究室 室長)

つなくん(つなハピ記者)

え、そんなにてまひまかけてつくってるの?


カップ麺がてまひまが無いと言うわけじゃないけど、カップ麺と「播州手延らーめん」はどう違うの?

カップ麺の場合多くの麺は機械でロールして麺の用途に合わせて長さを調整して切るといった、多くの工程を機械で行うのでたくさんの商品が生産できるんだけど、「播州手延らーめん」の生産は、”手延”と書いてるように、すごく人のてまひまをかけて作っているんだよ。

山下さん(イトメン研究室 室長)

つなくん(つなハピ記者)

へ~、なんかイメージと違ったなぁ。


でも、そんなにてまひまかけたら、たくさんつくれないんじゃないの?

つなくん、そうなんだよ、「播州手延らーめん」は季節限定で数量限定、さらに一般では購入できなくて、オンライン通販購入か、工場横の直販でしか販売してないんだよ。

山下さん(イトメン研究室 室長)

つなくん(つなハピ記者)

ええぇ~ そうなんだ!そう聞くとすごい興味が湧いてきた。もっと詳しく教えて!?

つなくん、詳しい製法はこちらで見られるから、是非見てみて


山下さん(イトメン研究室 室長)

つなくん(つなハピ記者)

やまちゃん、すごい!あんまり知識のない僕でもすごくてまひまかかっている事がわかったよ。


やまちゃんありがとう。今回で最後になるけどいつも丁寧にとてもわかりやすく教えてくれて感謝してるよ。


 

つなくん、いえいえこちらこそ楽しかったよ3回にわたってうちの商品をインタビューありがとう。是非また機会があったらよろしくね。

山下さん(イトメン研究室 室長)

つなくん(つなハピ記者)

あ、それと当サイトをご覧の皆さんにお知らせなんだけど、今回紹介した「播州手延らーめん」なんだけど、またまた当サイトのオフィシャルサポーターであるドコモショップでもらえるキャンペーンを実施するそうだよ!詳しくはマイショップのメールで告知するみたいだよ!


あ、そうそう つなハピ編集記者のりピーがこの商品のレビューを書いてくれたよ!

 

 

この記事のタグ